矯正歯科 池袋のトップページの解説

ホーム>矯正歯科 池袋のトップページ

【審美歯科池袋で探す】

矯正歯科 池袋のトップページ

みなさまに愛されて口コミ評判の矯正歯科医院

あなたが選ぶべき矯正治療とは?

  • ご案内
    • 私どもの診療案内院長紹介当院の概念に基づき応急処置をおこなったあとはお口全体の検査、デンタルドックいう人間ドックのような確実な検査をしていきます。3回目に診療の計画を作成します。その計画は治療後、健康状態を維持していけるように考えて作成されています。
      詳しくは治療の流れをご参照ください。悪いところの治療が終わればメインテナンス治療にうつります。いったん治療が終われば悪いところをつくって利用する歯医者でなく、悪いところがない状態で利用する歯科医院を目指すというわけです。治療費や支払い方法などは気軽にご相談ください。
      定期的なキャンペーン情報もございますのでチェックしてみてください。
      ご予約アクセスをご確認の上お電話ください。池袋駅からのルート副都心線からのルートもご参考にしていただけると嬉しいです。

良い歯ならび、悪い歯ならび?あなたはどちらですか?

矯正を希望する方には大きく分けて二通りの方がいらっしゃいます。

  • 見た目がきになる。・・・八重歯、歯のねじれ、出っ歯など。
  • 噛み合わせが気になる。・・・顎関節や噛んだときのバランスから。

ここで、少し聞いていただきたいことがあります。大事なポイントをお伝えします。
私ども池袋同仁歯科クリニックには、咬みあわせや顎の問題から多くの方が診療に来院されます。しかし、従来矯正を希望される患者さんは他医院をご紹介していました。診療していなかったのです。多くの方の相談を受けていると、矯正治療経験者噛み合わせの相談がたくさんでてきました。治療が終わっているので歯並びはよくなっていますが、噛み合わせ・顎に不安、問題があるとおっしゃるのです。つまり、【歯並びは直っているけど、噛み合わせはよくない】・・・ということです。
さらに、通院中の患者さんには『ここではどんな治療をするときも、しっかりと咬みあわせを考えてくださるので、ぜひこちらの医院でこのまま矯正をお願いできないだろうか?』というご要望をいただくようになりました。その結果が今おこなっている矯正治療です。ただ歯並びを整えるだけではなく、顎の位置を考えた矯正をおこなっています。(歯と顎の関係は図を見たほうが理解しやすいと思います。〔噛み合わせ〕のページを参照してください)

重要な点は、中心位という顎の位置があるのですが、残念ながらあまり日本では考えて治療がおこなわれていないところです。【見栄え>機能】でなく、【機能>見栄え】と考えてください。
たとえば、歯並びは良くなったけど、咬みあわせが悪くなった、顎が痛くなったということでは困ってしまうのではないでしょうか。すべての人にあてはまるわけではありませんが、そうなってしまってからは残念ということです。

私たちの約束

[check]無痛治療で歯科の恐怖をなくし、コミュニケーションを大切にし楽しい治療を
[check]大学病院レベル以上の徹底した衛生管理で安心の診療を提供
[check]個室でプライバシーと快適性に配慮
[check]行き当たりばったりでなく計画的な歯科診療
[check]患者の理解なしに治療を進めない押し付けない
[check]最後の歯科治療にするために、正しいお手入れの習得を徹底サポート
[check]保険診療のルールに縛られない、あなたにあった本当の歯科医療の提供
[check]負担の少ないように各種支払い方法に対応
[check]顎関節、歯に負担のかからないハイレベルな噛み合わせを標準に治療

時代とともに歯科クリニックの役割は変わっています。
昭和20年代から池袋駅で代々続く池袋同仁歯科クリニックもしっかりと進歩し、患者さんの問題を解決してきました。
現在では新しい歯科医院の役割として、二度と繰り返さないように予防歯科と、あまり問題視されない無い顎関節症・咬み合わせさらによくなる審美歯科治療に重点的に取り組んでいます。

  • あなたの幸せのために
    • まず、歯に対する知識を増やしましょう。関心をもちましょう。
      人間の体は非常によくできていて骨をおっても元に戻りますし、傷ができてもふさがりほぼ元に戻ります。しかし、虫歯や歯周病でとけてしまった歯や歯の周りの骨は元には戻らないことをご存知でしょうか?とってしまった神経も二度と再生しませんし、抜いた歯も生えてきません。
      現代の歯科医学では、もとあった健康な歯に少しでも近づけるように努力し治療されますが残念ながら同じものを作ることはできないのです。一度悪くすれば、ご自身の歯は減ってしまうのです。
      歯を減らさないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?歯を失う理由から考えましょう。
      歯を失う理由の90%は虫歯と歯周病です。
      これらの病気はお口の細菌と不要な力が原因でかかる病気です。つまり、この細菌を減らすことができれば歯を失うことが減るということです。その細菌を減らす方法はズバリ確実なプラークコントロール(ブラッシング、フロッシング)です。磨けばいいというものではありません。敵を知る必要があります。私どもは残念ながら、1日24時間のうちほんの数時間しかあなた様のお口に接することができません。治療が終われば1ヶ月~6ヶ月のうちの数時間になります。たったそれだけの時間ではあなた様のお口を守ることはできないのです。まず、ご自身が歯に興味をもちましょう。次には確実なプラークコントロール技術を身につけていただくことが必要です。(一回では身につきません。予防プログラムをご利用下さい。)こういったことを、もっと歯科医院側がアピールすれば日本の歯科医療も変わるでしょう。しかし、ほとんどの日本の歯科医院は治療中心、保険のルールのもとで運営されています。残念ながら保険に予防の概念がないため普及しないというわけです。
      こういったことを考えると予防をベースに診療をしていかなければ、どんなに高度な治療でも皆様のお口の健康は一時的なものとなり、また再発してしまい、治療のために歯科医院によく通うこととなってしまうことはご理解いただけましたでしょうか。
      最近の流行の審美歯科も実は要注意です!!なんといっても噛み合わせ無視!なんでもない神経を簡単に取ってしまう!10年後を考えると胸が痛みます。
      私どもの診療は応急処置をおこなったあとはお口全体の検査、デンタルドックいう人間ドックのような確実な検査をしていきます。3回目に診療の計画を作成します。その計画は治療後、健康状態を維持していけるように考えて作成されています。悪いところの治療が終わればメインテナンス治療にうつります。いったん治療が終われば悪いところをつくって利用する歯医者でなく、悪いところがない状態で利用する歯科医院を目指すというわけです。

話題の情報

歯科治療の口コミや評判が気になる方へお勧めなのが以下のサイトです。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional