口腔育成の解説

ホーム>口腔育成

【審美歯科池袋で探す】

口腔育成

口腔育成

アゴの育成と歯列を誘導し、理想的な永久歯列を目指す矯正

■ 口腔育成とは
口腔育成とは、お子さんを対象とした矯正の考え方、治療方法です。発育段階から、歯を動かすだけではなく、アゴの成長をコントロールする事も考えていきます。現代社会の環境において、人間のアゴは急速に小さくなっているといわれます。
それに対し歯は昔に比べ小さくなっていないため、歯の並ぶスペースが不足してしまい、歯並びが悪くなることが多いのです。そこでアゴが成長していく子供のときに、アゴの成長を助けその成長をコントロールする事で、良い歯並びにしていく事を口腔育成と言います。

■ 喜ばしいポイント

  • アゴの成長をコントロールしながら歯の矯正を行うため、抜歯をする確立が低くなる
  • アゴの成長をコントロールするため、顎関節症になりにくい。
  • 大人になってから矯正を行う必要が、なくなる可能性が高い
    ※大人になって再度矯正治療が必要となっても、症状が軽く良い結果をえられやすい
  • 矯正後の後戻りの可能性が低くなる。
  • 定期的に歯医者に通うことになるため、子供がなりやすい虫歯の初期予防が可能となる。
  • 装置を取り外すことができる。

■ 注意していただきたいポイント

  • 装置を取り外すことができるため、取り外し期間が長いと治療期間が長くなる
  • 装置も歯も入念なお手入れがかかせません。

■ 治療方法

矯正6

治療は左図のような拡大床装置を使用、歯の移動やアゴ成長促進及びコントロールを行っていきます。なお、装置は幼児でも簡単にと取り外したりする事ができるため、食事の時などに外せます。
※装置は症状によって異なります。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional