歯並びの解説

ホーム>歯並び

【審美歯科池袋で探す】

歯並び

歯並びを治す方法

歯並びを良くするには、以下の方法があります。

1. 歯を削り、その上にセラミックを使用した被せモノをする
2. 歯の矯正を行う

1の歯を削ってきれいにする方法は、適用内であれば時間がかからず良い方法です。ただ、限界があることは知っておいてください。〔審美歯科治療のページ〕にものっておりますが、歯の傾きが大きい場合は、神経の治療を必要とします。むやみに神経をとることは歯の寿命低下につながりますからおススメできないのです。
もともと、かぶせ物がしてあったり軽微な修正に適している方法と言えます。

2の矯正治療は、ご自分の歯を理想的な位置に移動させていく方法です。
相談が多いのは以下のようなケースです。

1.叢生(そうせい)デコボコ

矯正治療7

アゴの大きさと歯が生えるスペースバランスが取れておらず、歯は、 スペースが足りないため捻じれたり、重なり合ったりして生えてきます。そのため、 デコボコの状態になっています。

2.受け口

矯正治療6

『下顎前突・反対咬合(かがくぜんとつ・はんたいこうごう)』
本来、前歯は上部が外側に、下部が内側になっている。歯の状態が反対になっているのが受け口と呼ばれる症状です。前歯の傾きや下顎の発育が大きすぎたり、 上顎の発育が小さすぎたりする時に生じます。

3.出っ歯 『上顎前突(じょうがくぜんとつ)』

矯正治療8

出っ歯とよばれる症状です。上の前歯が強く傾斜している場合、上顎の骨自体が前に出すぎている場合の2種類の症状があります。上顎の発育が大き過ぎたり、下顎の発育が小さすぎたりする時に生じます。







なぜ矯正治療が必要か?

ずばり、あなたの歯をたくさん残すためです。

歯並びのわるい老人を見たことはありますか?


歯並び噛み合わせが悪い事による弊害

歯並び噛み合わせが悪いと以下のような症状を引き起こすことがあります。

●虫歯
 磨きにくい部分があるということは、虫歯になりやすいです。
●歯周病
 虫歯と同じで、歯肉に近い部分で磨きにくい部分があれば歯周病を引き起こします。
●肩こり、頭痛、姿勢が悪くなる
 噛み合わせが悪い事によるあごの片側どちらかの一方的な成長。肩こり、頭痛の原因にもなります。
●発音障害
 歯の間から空気が漏れて、正しい発音ができない。
●心理的なもの
 歯に対する劣等感。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional