矯正歯科の解説

ホーム>矯正歯科

【審美歯科池袋で探す】

矯正歯科

矯正歯科治療とは

出っ歯や八重歯、デコボコの歯並び、受け口、すきっ歯など、これら問題のある歯並びのことを不正咬合(ふせいこうごう)といいます。
矯正治療は、これら不正咬合の見た目を綺麗に整えるだけでなく、噛み合わせのバランスまで改善し、しっかり噛めるようにする治療です。様々な装置で歯を動かしたり、お子様の場合は、顎の骨の成長をコントロールすることで治療を行います。

歯並び矯正歯科の基礎知識

あなたが選ぶべき矯正治療とは?

良い歯ならび、悪い歯ならび?
矯正治療

矯正を希望する方には大きく分けて二通りの方がいらっしゃいます。
[check]見た目がきになる・・・八重歯、歯のねじれ、出っ歯など。
[check]噛み合わせが気になる・・・顎関節や噛んだときのバランスから。

あなたはどちらですか?
ここで、少し聞いていただきたいことがあります。大事なポイントをお伝えします。
私ども池袋同仁歯科クリニックには、咬みあわせや顎の問題から多くの方が診療に来院されます。しかし、従来矯正を希望される患者さんは他医院をご紹介していました。診療していなかったのです。多くの方の相談を受けていると、矯正治療経験者噛み合わせの相談がたくさんでてきました。治療が終わっているので歯並びはよくなっていますが、噛み合わせ・顎に不安、問題があるとおっしゃるのです。
つまり、【歯並びは直っているけど、噛み合わせはよくない】・・・ということです。
さらに、通院中の患者さんには『ここではどんな治療をするときも、しっかりと咬みあわせを考えてくださるので、ぜひこちらの医院でこのまま矯正をお願いできないだろうか?』というご要望をいただくようになりました。その結果が今おこなっている矯正治療です。ただ歯並びを整えるだけではなく、顎の位置を考えた矯正をおこなっています。(歯と顎の関係は図を見たほうが理解しやすいと思います。〔噛み合わせ〕のページを参照してください)

重要な点は、中心位という顎の位置があるのですが、残念ながらあまり日本では考えて治療がおこなわれていないところです。【見栄え>機能】でなく、【機能>見栄え】と考えてください。
たとえば、歯並びは良くなったけど、咬みあわせが悪くなった、顎が痛くなったということでは困ってしまうのではないでしょうか。すべての人にあてはまるわけではありませんが、そうなってしまってからは残念ということです。

矯正治療2

歯並び噛み合わせが悪い事による弊害 [#ebb8caca]

歯並び噛み合わせが悪いと以下のような症状を引き起こすことがあります。

●虫歯
 磨きにくい部分があるということは、虫歯になりやすいです。
●歯周病
 虫歯と同じで、歯肉に近い部分で磨きにくい部分があれば歯周病を引き起こします。
●肩こり、頭痛、姿勢が悪くなる
 噛み合わせが悪い事によるあごの片側どちらかの一方的な成長。肩こり、頭痛の原因にもなります。
●発音障害
 歯の間から空気が漏れて、正しい発音ができない。
●心理的なもの
 歯に対する劣等感。

矯正治療の時期

矯正治療はどの年代でも可能ですが、早期に行うと早く終わりやすい傾向があります。

  • 口腔育成
    乳歯から永久歯が生えそろうまでの子供さんが対象ですが、顎や永久歯列を理想的な状態に誘導していきます。
  • 歯列矯正
    永久歯列を対象とし、現状のおける最良の歯列をめざす治療方法です。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional